資源エネルギー庁にて電力自由化の情報が公開されています

経済産業省の資源エネルギー庁のホームページに、4月1日にスタートした電力自由化についての解説ページが公開されています。公式の公開情報として、電力会社や電力プランを探す際のヒントとしてください。電力自由化の歴史なども詳しく書かれています。(電力自由化の歴史はこちら

電力自由化の情報公開

電力自由化はもっと前にスタートしてた?


2016年(平成28年)4月1日スタートの電力自由化は、「電気の小売業への参入が全面自由化」を意味しており、家庭(戸建て、マンション)や商店も含む、日本中の消費者が、電力会社の料金メニューやプランを自由に選択できるようになったということです。
実は、工場やオフィスビル、倉庫などの大口消費者には2000年3月より実現しています。
スタートは、非常に多くの電力を利用する「特別高圧」区分と呼ばれる大規模な工場やショッピングモールなどの商業施設、オフィスビルが電力会社を選択できるようになったのがはじまりです。その際に電力会社として新たに参入した企業も多く、多くの電力を利用していたところは選択肢が広がりました。

その後、約1年後の2004年4月、翌2005年4月には、電力の公理自由化の対象が、「高圧」区分まで広がり、中小規模の工場や小規模のビルまで徐々に自由化が広まってきました。
それから約10年が経ち、2016年4月1日に一般家庭や商店までに、電力自由化となり、2016年に新規参入した電力会社も含む様々な電力会社のプランを選べるようになったのです。
2016年の4月に、突然に電力自由化になったという訳ではなく、既に多くの企業(中小企業も含む)に電力会社を選択する自由があったのです。


どんな電力会社があるの?


CMやテレビ、雑誌などで「電力自由化」を目にすると思いますが、実際にどんな企業が電力会社として登録されているかは、同じく資源エネルギー庁のホームページに掲載されています。

小売電気事業者の一覧


登録小売電気事業者、登録特定送配電事業者という区分で約300社(2016年4月28日現在)が登録されています。一般家庭への販売の有り無しや、供給予定地域も紹介されていますので、ご自身のエリアにどんな電力会社があるかご覧ください。(小売電気事業者の一覧はこちら

資源エネルギー庁のホームページで分かること


電力自由化については、テレビや雑誌など色々なところで目にしたかと思いますが、最近はメディアでの紹介も少なくなってきているので、こういった公的な行政機関が出している情報をご覧ください。そもそもの「電力自由化とは?」や「電力供給の仕組み?(どうなってるの?)」、「実際に電力自由化でどのように変わるのか?」について知ることが出来ます。

また最後に、「電力自由化に関するトラブル」については、電力・ガス取引監視等委員会にご相談ください。トラブルの実例や対処法などが紹介されています。(http://www.emsc.meti.go.jp/info/faq/index.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。