賢くお得に使いたい食洗機のハナシ

掃除、洗濯、炊事、毎日の家事は本当に大変ですよね。時間短縮のための工夫として、食洗機を使っている方も多いのではないでしょうか。また、食洗機に興味はあるけれど、購入しようか迷っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方々に向けて、今回は食洗機の水道代についてご紹介します。
賢くお得に使いたい食洗機のハナシ

食洗機は、水道代の節約につながる!


食洗機を使うと、食器を手で洗うのと比べて、水道使用量が減らせると言われています。食洗機は、水を噴水のように高圧で噴射すること、水を機内で循環させることによって、少量の水での洗浄が可能であるためです。では、そもそも食器を手洗いする場合、どのくらいの水を使用しているのでしょうか。1度に洗う食器の数は各家庭によって大きく異なりますが、ここでは家族2〜3人分を洗う場面を想定してみます。

このとき使用する水量は約42リットルで、10円前後の水道代が掛かっています。これに対して食洗機の場合は、同じように2〜3人分で、使用水量は約9リットル、水道代にすると2円前後です。食洗機を使うことによって、毎回8円も水道代を節約できることがわかります。1日2回使用すると考えても、ひと月あたり480円、1年間では5,760円の節約につながるのです。

大きな節約?小さな節約?


1年間で、5,760円。この金額をどう受け止めましたか?それはお得だ!と感じられた方もいれば、期待したほどではないなーと思った方もいらっしゃるかもしれません。それでは、ここで少し考えてみましょう。
日常生活に欠かせない水道ですが、地方自治体によって供給されています。そして、水道代は地域格差が大きいと言われています。つまり、同じ使用水量でも供給する水道局によって水道代は大きく異なります。

しかし、契約する水道局は住んでいる場所ごとに決まってしまうため選択の余地がなく、1リットルあたりの水道代自体を節約することはできないのです。そう考えてみると、食洗機によって水道使用量を減らすことは、水道代節約に大きな効果があると言えるでしょう。

電気代は、どうしよう?


食洗機によって、家事の手間が減らせるだけでなく、水道代まで節約できることがわかりました。ただ、電気代が心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、食洗機を使うと、手洗いの時はゼロで済んでいた電気代が掛かります。

しかし、電気代は水道代ではできない方法での節約ができます。それは、電気代の安い電力会社から電気を買うことです。さきほど水道は住んでいる地域の水道局としか契約できないとお伝えしましたが、電気は2016年4月にスタートした電力自由化により、自分で契約先を選ぶことが可能になりました。

既存の電力会社だけでなく、ガス会社や通信会社など数多くの会社が、電気を販売しています。それぞれの会社によって、多くのプランが用意されていて、ガスやインターネット回線などとのセット割引もあります。食洗機を始めとする、さまざまな家電を使って賢く生活するためにも、お得な電力会社を探してみてはいかがですか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。