除湿器の電気代と寿命について

梅雨の時期には洗濯物が干せなかったり、部屋や浴室の換気ができなかったりすることでカビが出てくることがあります。そんなときに除湿器は便利です。ここでは、除湿器にはどのくらいの種類があって、電気代がどれくらいかかるのか、寿命についても詳しく見ていきましょう。
除湿器の電気代と寿命について

除湿器にはいくつかの種類がある


除湿器は主に2種類あります。コンプレッサー式除湿機、ゼオライト(デシカント)式除湿器、コンプレッサー式とゼオライト(デシカント)式の両方のよいところを兼ね備えたハイブリッド式と呼ばれる除湿器もありますが、価格もそれなりにします。そのため、一般的に検討する除湿器といえばコンプレッサー式かゼオライト(デシカント)式を選ぶことが多いでしょう。

コンプレッサー式除湿器はエアコンについている除湿機能のような方法で湿気を取り除きます。空気を冷やして循環させて水分を除いていきます。ゼオライト(デシカント)式除湿器は湿度をゼオライトとよばれる鉱物の吸湿性を利用し吸収していく方法で湿気を取り除いていきます。同じ除湿器でも、湿気を取り除く方法が違います。

除湿器の寿命はどれくらい?


除湿器の寿命はどれくらいの頻度で利用しているかにもよるので断言することはできません。目安としては5年から10年くらいと考えておくとよいでしょう。その理由は、コンプレッサー式除湿器もゼオライト(デシカント)式除湿器も故障や劣化が始まるのは5年を過ぎてからで、この頃からコンプレッサー式はコンプレッサーが壊れて止まってしまったり、ゼオライト(デシカント)式は湿度を吸収する素材の劣化で性能が落ちてきたりするためです。

修理が可能なら寿命を伸ばすことができますので、5年後に不具合がでても問題ないでしょう。しかし、修理に必要な部品などは製造終了後から8年までは取り寄せができるようになっていますが、購入後10年くらい経った後に修理しようとしても難しい場合があります。そのため、故障なく使っていたとしても最長10年くらいが寿命といえるでしょう。

気になる電気代は?


除湿器には除湿方法によって電気代が違ってきますので、電気代を少しでも節約したいときには購入時に気になるのではないでしょうか。コンプレッサー式除湿器、ゼオライト(デシカント)式除湿器のどちらの方が、電気代がかかるかというと、実はゼオライト(デシカント)式除湿器です。

その理由としては、ヒーターを利用して湿気を吸収する乾燥剤を温めなければならない構造になっているためです。その分電気代がかかります。一般的にはゼオライト(デシカント)式除湿器はコンプレッサー式除湿器の2倍から3倍くらい電気代がかかるので、覚えておくとよいでしょう。しかし、除湿器に求める性能は人によって違いますし、それぞれメリット、デメリットがありますので、総合的に考えて選ぶということが大切ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。