急いで電力プランを選択したため、改めて別の会社と契約は可能か?

2016年4月1日の電力自由化以降、テレビや雑誌などで電力自由化の話が多く見られるようになったため、急いで多くの方が新しい電力会社や新しい電力プランの契約を進めたかもしれません。しかし、改めてゆっくり考えてみると、「別の会社の方が良かったのでは?」、「いや、もとの電力会社の契約の方が良かったのでは?」という方も出てきているのではないでしょうか。改めて別の会社への契約や、もとの電力会社との契約に戻す際に気をつけることは何でしょうか?

急いで電力プランを選択したため、改めて別の会社と契約は可能か?

クーリング・オフの対象かどうか


2016年4月1日以降、新しい電力会社との契約の際に、訪問販売や電話での勧誘を受けて契約を切り替えた場合は、訪問販売等に係るクーリング・オフの対象となります。クーリング・オフの期間は、書面で申込をした日から起算して8日間となります。まずは、クーリング・オフ対象かどうか、クーリング・オフが適応される場合も期間内かを確認してください。クーリング・オフの対象であれば、違約金などがかからずに契約を解除して、もとの電力会社に契約を戻すことができます。

実は、電力自由化前の2016年3月末までは、電力はライフラインの1つであったため、クーリング・オフの対象とはなっていませんでした。しかし、4月1日の電力自由化に合わせて、電力事業もクーリング・オフの対象になりました。

しかし、他の商品の購入やサービスの契約などと同じように、各電力会社や電力比較サイトなどのインターネットで自ら契約した場合は適応外ですし、店頭での契約の場合もクーリング・オフの適応外となっています。

電力会社の乗り換えについて


新しい電力会社と契約したのに、「電気料金が思ったより安くならなかった」、「ポイントなどが新しい電力プランがあまり魅力的だと感じられない」ということで、また別の電力会社に乗り換えるか、もしくはもとの電力会社に契約を戻したい、という方もいるかもしれません。基本的には契約の変更は可能ですが、解約にあたって違約金や解約金が発生する可能性があります。特に契約時に2年縛りやセット割引による縛りがあるケースがありますので、契約書(申込書)を確認するようにしてください。本来は、新たに契約をする前に、そういった条件をきちんと確認した上で契約を進めた方が良いですが、一斉に「電力自由化」ということで急がれた方も多いと思うので、改めて再検討される方がいらっしゃるのではないでしょうか。

解約金の相場は?


契約した電力会社の契約書(申込書)を確認してもらいたいですが、解約金に2,000円〜6,000円ほどの解約金がかかることがあります。

もとの電力会社との契約なのに契約が変わる?


一旦、新しい電力会社に契約を乗り換えた後に、またもとの電力会社との契約に戻す場合は、2016年3月末までと同じ契約ではない可能性があります。既存の電力会社も、4月1日以降に新しい電力プランとなっていることが多いですので、「契約を戻したのに、依然と電力プランが違う」ということもあります。

オール電化の電力会社変更も注意


オール電化の場合は、オール電化導入時に1年以内に解約する場合などにおいて、精算金・解約金等が発生する契約になっている場合があります。しかし、引っ越しなどによるやむを得ない場合は除外となるそうですが、電力会社に問い合わせてみてください。


この記事に付けられたタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。