いつも清潔!敷き毛布の正しい洗い方

寒い季節、体を暖めてくれる電気敷き毛布は冬を乗り越えるための強い味方です。毎日使う物なので汚れやすくもあります。しかし。毛布の種類やメーカーによっては水洗いできる物とできない物があるのでお手入れの際には注意が必要です。そこで、今回は敷き毛布の正しいお手入れ方法をご紹介します!
いつも清潔!敷き毛布の正しい洗い方<br/>

洗濯機で洗える敷き毛布の洗い方


丸洗いできる敷き毛布の洗い方には「洗濯機で洗う」方法と「手洗い」する方法の二つがあります。製品の端に付いているタグを確認し、丸洗いができる場合は洗濯機をソフトコースやおしゃれ着洗いコースなどの優しく弱回転で洗うように設定しましょう。
洗濯機で洗える製品のコネクター差し込み口は防水加工されているので、コネクター部分が引っかからないように敷き毛布の内側に丸めて入れれば問題ありません。続いて洗濯槽に収まるような大きさに丸めて布団用洗濯ネットなどに入れて洗ってください。その際、毛布の生地が傷まないようにぬるま湯で洗濯するようにしましょう。また、敷き毛布の素材がアクリルであれば専用の洗剤を、そうでなければ基本的には中性洗剤を使いましょう。柔軟剤を使うと、肌触りも良く仕上がり、静電気も起こりにくくなるのでおすすめです。

洗濯機で洗えないものは手洗いで!



敷き毛布のもう一つの洗い方は「手洗い」です。ただ、大きな敷き毛布は小さな洗面台ではとても洗えないので浴槽を使います。
浴槽にぬるま湯を張り、洗剤を入れて30分ほど漬け置きしておいてから手で押し洗いをすると汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。押し洗い後はお湯を流し、シャワーを使って洗剤をよく洗い流してください。柔軟剤を使う場合はその後に再びお湯を溜めた浴槽に柔軟剤を溶かし、そこに毛布を数分浸します。脱水は手で毛布を押して絞り、ベランダなどで陰干しします。洗濯機で脱水したり、乾燥機にかけてから干すとより早く乾きますが、乾燥機については敷き毛布のタグを見て乾燥機が使用可能であることを確認してから使用するようにしてください。また、洗濯機でも手洗いでも、洗濯後に敷き毛布を使う際にはコネクター部分がきちんと乾いていることを確かめて使うようにしましょう。

水洗いできない敷き毛布のお手入れ方法



水洗いできる物は洗濯機か手洗いで洗えば良いとご紹介しました。しかし、中には水洗い禁止と書かれた敷き毛布もあります。それでもドライクリーニングできる物ならばクリーニング屋さんにお願いしても良いのですが、お金もかかってしまいます。
水洗いやドライクリーニングができない敷き布団についてはまず掃除機をかけて大きなゴミを吸い取ってから、水気をよく絞ったタオルでこびり付いた汚れなどを拭き取ってください。さらに丁寧に仕上げたい時はブラッシングして毛先の引っ掛かりをなくし、抗菌スプレーをかけるなどするか、短時間、日に干して日光消毒をしてあげましょう。
また、水洗いできるできないに関わらず、電気毛布にカバーを被せて使うと汚れたカバーを洗えば良いだけなので、毛布のふわふわの感触は味わえませんが、お手入れも簡単でいつも清潔に敷き毛布を使うことができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。