赤ちゃん用の敷き毛布に必要とされる条件とは?

赤ちゃんは大人と比べて体温調節がまだ未発達ですので、冬の寒い時期には大人以上に寒さの対策を講じる必要があります。特に赤ちゃんが多くの時間を過ごす布団やベッドなどでは毛布を使って快適に眠れる環境を整えてあげなければならないのです。
赤ちゃん用の敷き毛布に必要とされる条件とは?

肌との密着度の高い敷き毛布には綿素材のものを



では赤ちゃんの冬場の就寝環境を整える時、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。
例えば大人の場合は寒さを感じる時期になると布団やベットで毛布を使いますが、赤ちゃんに毛布を使う場合にはその種類をしっかり選ぶ必要があります。
まず、毛布の素材としてはできれば綿素材のものを選びましょう。綿素材の毛布は汗を吸いやすいので、大人の3倍汗をかくと言われる赤ちゃんに使うものとして適しています。それに加えて赤ちゃんは肌も敏感ですのでアレルギーのことを考えても天然の素材である綿の毛布の方が向いているのです。特に敷き毛布は掛け毛布より肌に密着しますので、綿素材を選んでおけば安心ですね。
また、綿毛布であれば寒い時期以外にも薄手の布団として使うこともできますので、用意しておいて損はないでしょう。

毛足の長い敷き毛布は赤ちゃんに不向きです



次に赤ちゃんの毛布選びのポイントとして挙げるのは、あまり分厚くないものを選ぶということです。特に敷き毛布に分厚くて毛足の長いものを使ってしまうと、寝返りをした時に窒息する危険性があります。月齢が進んでよく動く時期になると、掛け毛布でも同様の危険が生じますので、赤ちゃん用としては薄手で軽いものを選ぶべきです。
また、赤ちゃん用の毛布はできれば新しいものを使うほうが良いでしょう。必ず新品である必要はありませんが、古くなった毛布は繊維が固まることによって重さの割りに暖かさを感じられない状態になっていることが多いと言えます。また、毛布にはよくループ状のタグが付いていますが、赤ちゃんに使う毛布についている場合は指に巻き付けてしまうこともあるので取り外しておきましょう。

毛布だけでなく暖房も併用して赤ちゃんの環境を整える



このように考えてみると赤ちゃんの毛布、特に敷き毛布は薄手の綿毛布が最適であることがわかりますね。しかし、そのような毛布ですと大人が何枚も毛布を使ったり、電気毛布を使うような環境では暖かな就寝環境が作れないのです。
そこで赤ちゃんに最適な状態を作るために必要なことは、毛布だけでなく暖房機器を使って部屋自体の温度をある程度あげておくということです。場所や家の環境によってエアコンやオイルヒーターなどを選択し、赤ちゃんが布団と薄手の毛布だけで大丈夫な状態を作ってあげましょう。
ただし、先にも書いた通り赤ちゃんは汗かきですから温め過ぎて汗をかかせてしまったり、その汗が冷たくなって風邪をひかせるようなことがないよう、十分に様子を見ておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。