敷き毛布の使い方豆知識

寒い冬、布団に入ってからもなかなか体が温まらず寝付くのに時間がかかった、なんて経験ありませんか?敷き毛布を使いたいけど、色々と疑問を感じてしまい使っていないこともあるかもしれませんね。敷き毛布について、いろいろと覚えておくと便利ですよ。
敷き毛布の使い方豆知識

敷き毛布にはどんなものがあるの?



敷き毛布には、お馴染みの電気敷き毛布をはじめ遠赤外線の敷き毛布などがあります。材質も羊毛や綿など様々ですが、それぞれの特徴を知って使うことが大切です。最近では綿100%の綿敷き毛布も多く、家庭での丸洗いもOKとなっています。アレルギーのある方も安心です。毛布自体に遠赤外線効果があるものも。電気敷き毛布は、寒い地方や季節には欠かせないものになっているようですが、使い方や洗い方がわからないので使っていない方も多いようです。布団に入った時の温かさのためには、寝る時間を考えて早めにスイッチを入れておき、布団に入ったらスイッチを切ってから寝る、というのが良さそうです。気になる電気料金も、これで低く抑えることができるでしょう。

電気敷き毛布の賢い使い方



電気敷き毛布の使い方を考えた時に、心配なのが洗濯できるのか?ということ。現在市販されている敷き毛布は、多くが家庭での洗濯ができるということです。毎日使うものなので、清潔に保ちたいもの。電化製品だとしても、電熱線は被膜で覆われているので洗っても大丈夫。ただ、洗える敷き毛布も、脱水時間を短かくすることや乾燥機は使えないので天日干しをする、などの注意点があります。それぞれの製品の洗濯表示に従って洗いましょう。洗えないものは手洗いになり、絞ると電熱線が切れてしまうので絞らずにそのまま天日干しします。どちらも洗う際にはコネクタの部分を水で濡らさないように気を付けましょう。きれいに洗って、清潔で気持ちよい温かな敷き毛布で心地よく眠りたいですね。

エコな暮らしのために



寒い季節、暖房にかかる電気代はうなぎ上りになりますね。節約したいところですが、体を冷やすことはストレスにもなるとのことです。また、風邪をひいてしまいそう。寝室の暖房費の節約のためにも、寝具にも工夫をして出来るだけ温かにすごしたいもの。上掛け布団や毛布も大事ですが、忘れがちなのが敷くものですね。敷き毛布を上手に活用すれば、より一層温かで快眠できそう。電気敷き毛布を使用するなら早めにスイッチを入れる、寝る前にはオフにする、遠赤外の敷き毛布などを利用する。そのような工夫をすることで、より温かい環境になり、それは暖房費の節約につながっていくと考えられます。敷き毛布などを活用して寒い冬を賢く乗り切り、健康でエコな暮らしを楽しんでいきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。