布団乾燥機の仕組みを調べてから、購入しませんか

布団乾燥機は温風を吹き出すことによって布団を乾燥させるマシンのことですが、乾燥のしくみと乾燥時間、電気代はそれぞれ異なります。マットを利用するのが一般的でしたが、最近ではマットなし、ホースのみのタイプも販売されています。
布団乾燥機の仕組みを調べてから、購入しませんか

布団乾燥機の仕組みと人気のタイプとは



布団乾燥機は敷布団と掛け布団の間にマットを入れ、温風を送り込むことで乾燥させる仕組みですが、乾燥させるにはかなりの時間がかかります。冬の寒い時などに使い、布団を温めてから寝るといった風に使っている方や天気の悪い日に乾かない洗濯物を乾燥させるために衣類乾燥機として使っている方も多く、花粉やダニ対策に利用するなど使い方も様々です。
高温で布団を乾燥させますが、その時間は40分から1時間と電気代が気になります。乾燥機自体では温風を吹き出すという機能にメーカーとして違いはなく、オプションや電気代がどれくらいかかるかによって機種を選ぶことになります。
アタッチメントから上下左右に温風を吹き出すことで短時間で乾燥させることができたり、ホースの先端にノズルを取り付け、前方と左右に吹き出し口を設置して効率的に温風を吹き出すことができるマットレスタイプも人気があります。

マットなし布団乾燥機の売れ筋とは



布団乾燥機の仕組みは温風を吹き出し、布団を乾燥させるところにありますので、軽量でスペースを取らず、手間と時間がかからないものに人気が集中するのは当然です。
現在人気のあるモデルはマットレスの布団乾燥機です。二つ折りの構造でノズルを差し込み、送風するという象印、長めのホースに専用のアタッチメントをつけ、布団に入れることで布団を温める日立、アイリスオーヤマは湿気のたまりやすい枕元にホースを差し込んで使うというタイプを発売しています。パナソニックも本体につながっているノズルを布団にいれるだけです。
香りのオプション機能がついていたり、シューズ乾燥機がついていたりと各社とも趣向を凝らしていますし、乾燥時間は約30分、ダニ対策もできるという多機能性が魅力です。

機能性で選ぶのもおすすめです



布団乾燥機によっては布団のサイズがダブルまでといった制限があるものもあります。乾燥までしなくていいから足元を温めたいという場合には電気代の節約できるエコタイプがおすすめですし、足元温め5分タイプというモードが設定できるタイプもあります。布団の臭いが気になるという方には布団乾燥機専用のデオドラント剤がついているタイプや脱臭効果のあるタイプもあります。
吹き出し口の温風温度を調節できるタイプであれば羊毛や羽毛などの場合低温モードが利用できるので便利です。
プラズマイオンクラスターは最近の人気モデルで、マイナスイオンを発生させるという機能があります。プラズマクラスターは同時に脱臭もできます。ホースのみで使えるタイプは押入れやクローゼットの乾燥にも利用できますので便利です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。