色々な種類がある電気ヒーター、一体どれを選べばいいの?

色々な種類がある電気ヒーター、一体どれを選べばいいの?たくさんある暖房家電の中でも、お値段が手頃なのと灯油不要のお手軽さから人気なのが電気ヒーター。でも種類がいろいろあって、一体どれを選べばいいのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は電気ヒーターの種類とその選び方をご紹介します。
色々な種類がある電気ヒーター、一体どれを選べばいいの?

即暖性が高いハロゲンヒーターやカーボンヒーター



電気ヒーターには体を直接暖めるものと部屋全体を暖めるものの二種類ありますので、選び方はそれぞれどちらの要素を求めるかによって異なってきます。
部屋全体を暖かくする必要がないのなら、おすすめなのはハロゲンヒーターやカーボンヒーターです。これらは本体から発する熱エネルギー(赤外線・遠赤外線)で暖める暖房器具のため、電源をつけると数秒ですぐに暖かくなる即暖性が魅力です。暖めたいスポットがあらかじめ特定している場合や、エアコンなどで部屋全体が暖まるまでの間の時間に暖まるためなどに最適です。
またこれらの器具は空気に干渉しないため、部屋を乾燥させないというメリットがあります。ガスヒーターのように一酸化炭素中毒の危険性もありませんから、換気の必要もありません。

狭い空間全体を暖める電気ストーブやセラミックファンヒーター



一方で空間を暖めたいという場合には、空気を暖める電気ストーブやパネルヒーター、温風が出るセラミックファンヒーターといった電気ヒーターがおすすめです。
選び方としては、電気ストーブやパネルヒーターは足元だけ暖めたい場合などに最適です。電気ストーブは電熱線を暖めることによって、パネルヒーターはパネルの鉄板が暖かくなることによって周りの空気を暖めます。
また台所や脱衣所など、狭い空間を暖めたい場合にはセラミックファンヒーターが便利です。髪を乾かすドライヤーと同じ原理で、電源を入れるとすぐに暖かい風が出て空気を暖めます。4畳ほどの部屋であれば、空間を閉め切って気密性を高めることで部屋全体をほんのりと温かくすることもできます。

エアコンや石油ヒーターとの併用で効果倍増!



電気ヒーターは部屋全体を暖めたい場合にはエアコンや石油ストーブなどと比べると効率が悪くなりますが、局所的に使用する場合には効率良く暖めることが可能です。部屋全体が暖かくなるまでの間を快適に過ごしたり、特定の場所だけを継続的に暖めるときには電気ヒーターの方が電気代も安く、早く暖まることができます。
また最近では高性能の電気ヒーターも登場しており、鉄筋コンクリート造りのマンションで4畳ほどの洋室であれば、セラミックファンヒーターなどによる暖房でも十分な暖房能力を確保できます。小型のセラミックファンヒーターなら2000円から3000円程度で購入できますし、持ち運びも容易なので汎用性が高いというメリットもあります。

この記事に付けられたタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。