スイッチングってどんなシステム?

電力の自由化により、今までにはなかった様々なサービスが登場してきました。1人1人のニーズに合わせたプランを選ぶことで、電気代はかなりお得になるでしょう。そこで知っておきたいのがスイッチングです。スイッチングとはどのような仕組みなのでしょうか。

スイッチングってどんなシステム?

スイッチングって何?


電力自由化に伴い、スイッチングという言葉に聞き覚えはありませんか?

自由化により利用者がそれぞれ電力を選ぶことで、今までより8から10パーセントも電気代を節約することができます。それに関わっているものがスイッチングです。これは、もともと投資信託を買い換えるという意味を持つ言葉です。そして電力でも使われるようになり、電力を他の会社に乗り換えることを指します。

電力の業界では、700を超える企業が競争しています。それぞれの企業で独自のプランが提供されていますが、利用者はどのように企業を選べばいいのかわかりません。そこでスイッチング支援システムというサービスが登場しました。このサービスは、契約の変更を促し、スムーズに手続きを進めるためのものです。

スイッチングはどんなシステム?


電力自由化が始まりましたが、すべての人が新しく電力会社を乗り換えるとは限りません。契約を変更するために行う手続きが面倒だ、と従来の電気会社のままの人もいるでしょう。そのような面倒な手続きを楽にしたサービスがスイッチング支援システムなのです。契約の変更を促進させ、なおかつスムーズに行うために作られたサービスです。

電気会社の変更を行う際、次に乗り換える事業者に申し込みをします。申し込みを受けた事業者は電力を提供する家庭のことを知る必要があり、スイッチング支援システムによって情報を得るのです。このシステムを使えば、家庭の情報を得ながら、それと同時に従来の会社との契約も解除してしまうことができます。その家庭が必要とする電力を知ることで、供給する電力も把握することができ手続きに時間がかからないのです。

スイッチング支援システムを使う電力会社はどのくらい?


スイッチング支援システムによって家庭の情報は事業者に渡りますが、個人情報が漏れるということはありません。それどころか、このシステムは非常に有効なものであり、面倒だとされていた作業がかなりスムーズになります。事業者に渡る情報は、最近13か月の電気使用量や、メーターがある場合は30分ごとの使用量など、細かく分析されたものです。

非常に便利なスイッチング支援システムですが、どれくらいの会社が利用しているのでしょうか。このシステムを開発するために公募を始めた結果、NTTデータ、協和エクシオ、富士電機の3社が集まってサービスを提供することになりました。各会社の長所を生かしながらサービスが提供されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。