電力自由化によるライセンス制について

電力の部分的な自由化は2000年から行われていましたが、2016年に本格的な電力自由化が始まることになります。ただし、参入することができるのはライセンスを持っている企業だけです。ここではこのラインセンス制を詳しく紹介していきます。
電力自由化によるライセンス制について

電力事業への参入にはライセンスが必要です


電気事業法の改正によって2016年から本格的な電力自由化が開始されました。この法案改正によってさまざまな事業分野の企業が電力分野に参入してきます。発電事業者、小売事業者、送配電事業者の3つがその代表的なものです。特に、小売業者の参入は非常に注目されています。こうした状況によって消費者もさまざまな会社を選択することができるようになりました。
しかしながら、電力を発生させて送るのは相変わらず電力会社です。そのため、企業は電力サービスを提供するには電力会社と提携する必要があります。これをライセンス制といいます。つまり、長期的かつ安定的に電力が供給できることが認められて初めて企業はこうした事業を行うことができるということです。

サービスの多様化を伴うからこそライセンス制は必要です


電力自由化によって企業はいろいろなサービスを提供することができるようになりました。近年では家庭で発電した電気を買い取りするサービスを行っている事業者も登場しています。ソーラーパネルで発電している家庭はその余剰分を売ることができるようになったのです。
また、環境に負担をかけないクリーンなエネルギーを提供するサービスも徐々に増加しています。これまでは原子力発電に頼りがちでしたが、将来性を考慮して自然に優しいエネルギーを利用する人々が増えています。これらの、これまでにはなかった幅広いサービスを提供するには、ライセンス制は必要不可欠です。それというのも、消費者が納得できるような説明をする義務があるからです。

新規サービスを裏側から支えているのがライセンス制です


電力自由化とは言っても電力会社から電気を送ってもらうことは変わりません。窓口が変わるだけなのでわざわざ変える必要性があるのかと疑問に思う人々も多くいます。そのような点を考慮して各企業は電気料金の割引サービスや既存のサービスを組み合わせるサービスを提供しているのです。携帯電話との組み合わせはその典型的な例です。

こうして消費者はいろいろな種類の選択肢から選ぶことができるようになったので、やはり電力自由化によってメリットは大きいです。しかも、ライセンス制があるからこそ消費者は安心してサービスを利用することができます。ライセンス制がなければどのような企業でも参入することを許してしまいサービス利用に不安が生じます。

この記事に付けられたタグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。