電力会社を解約するときにペナルティについて

電力自由化をした後にペナルティが課せられるケースがあります。それは契約中に解約をする場合です。安易に契約することはせずに内容を把握した上で契約をすれば、そのようなペナルティから回避することができます。
電力会社を解約するときにペナルティについて

契約内容はきちんと確認しましょう


電力自由化によって参入障壁が破壊されて数多くの企業がこの分野に参入することができるようになりました。そのため、当然ながらその契約内容も企業の数の分だけ多くなりました。しかしながら、契約内容は相互に異なるためにしっかりと書面を理解する必要もまた出てきました。最近では書面を熟読することなく契約して途中解約のときにペナルティが発生して損をするというケースが多くなっています。

契約するときには書面を確認することは大切ですが、もっとも大きなポイントになるのは短期契約の場合にペナルティが生じるかどうかです。この有無をきちんと確認をした上で契約をすると、上記のようなケースを回避することができる可能性が高くなります。

年契約をしている場合はペナルティを回避できることもあります


多くの企業では、年間契約をしている中で途中で解約を申し出る場合にペナルティとして解約料が課せられることが一般的です。これは携帯電話の途中解約と同じです。もちろん、企業はこのようなことを配慮して解約料が発生しない月も定めています。その月に解約請求するとペナルティが発生することはありませんが、その月以外だと発生します。

途中で解約するときにはあらかじめ解約するべき月を調べておきましょう。電力自由化はいろいろな業者が参入して自由に電力料金を設定することができるようになったので、消費者の観点からはメリットが大きいと感じる人が多いですが、その分だけこれまで以上にしっかりと知識を身につけて会社を選択する必要があります。

料金だけを見て選ぶことは禁物です


電力自由化によって電気とガスをかけあわせることも可能になりました。実際にいろいろな企業が電気とガスでのセットプランを提供しています。たいていはセット料金ということで割引がされていますので、消費者はお得に感じます。しかしながら、解約するときにはこの場合必ずペナルティが発生します。解約することで通常のプランよりも高額になるケースがありますので、長期的に使用することが確実な場合以外には、安易に契約しない方が良いでしょう。
事前に契約解除した場合のペナルティを問い合わせするのも有効な回避方法です。電力自由化で選択肢が非常に幅広くなり、その中から格安のプランを選ぶ自由を消費者は手に入れましたが、最適な選択には知識も大切になってきました。自己責任で十分な知識をもって対策していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。