マンションでも電力自由化は利用できる!変化とメリットをご紹介

電力の完全自由化が実施されたことにより、一般家庭でも新電力会社への契約変更が可能になりました。一戸建てのみならず、マンションや団地でも新電力と契約することができます。どのような変化とメリットがあるのか、わかりやすく紹介していきましょう。
マンションでも電力自由化は利用できる!変化とメリットをご紹介

電力自由化はマンションも対象!


2016年4月に電力自由化が行われたことで、一般家庭でも東京電力など従来の電力会社以外から電気を購入できるようになりました。スマートメーターという装置の取り付けが必要なため、「電力会社の変更は一戸建てに限られる」という誤解もありますが、団地やマンションの場合でも新電力会社に契約変更することが可能です。

マンションの場合でも、電力自由化を利用するために大家さんや管理会社の許可を取る必要はありません。書面やインターネットで申し込むだけで、大掛かりな工事を行わずに新電力会社の利用を開始できます。

ただし、「高圧一括受電」と呼ばれる仕組みで電力自由化の前に契約を変更したマンションの場合は、世帯の判断で電力会社を変更することはできません。

電力自由化で何が変わる?


電力自由化の恩恵を受けるためには、新たに電線を引いたり、壁に穴を開けたりという工事は不要です。大きな変化は、メーターボックスへの「スマートメーター」の設置に限られます。マンションの場合は、住民に連絡せず管理会社だけの許可を得て設置することもあります。

実は、電力自由化後に電力会社を変更しても、家庭への送電は東電など従来の電力会社が行います。スマートメーターを使って各家庭の電力使用量を把握することで、新電力会社が販売した電気の量を把握するのです。

一戸建てでもマンションの場合でも、送電網は今まで通りですから、停電が発生しやすくなることはありません。仮に新電力会社が破綻しても、すぐに契約が従来の電力会社に戻り、安定的に電力供給を受けることができます。

こんなにある!電力自由化のメリット


電力自由化の最大のメリットは、携帯電話やガスなどとのセット割引で料金が安くなることですね。ただし、電力使用量によっては従来の電力会社やセット割がない電力会社のほうが安くなることもありますから、パンフレットや比較サイトで料金を見比べましょう。

新電力会社に契約を変更すると、それまで検針員が訪れていた家庭でも、スマートメーターにより自動的に使用量の測定が行われるようになります。また、希望しない限りは紙の領収書が発行されず、インターネットで料金を確認する方式に変わります。プライバシー保護と紙資源節約のという面で、メリットがあると言えるでしょう。

多くの新電力会社では、日別・時間別の電力使用量をインターネットで確認できます。従来は月ごとの料金しか確認できませんでしたが、スマートメーターの設置により、リアルタイムで使用量が更新されます。機器ごとの確認はできませんが、時間帯と使用量を見ればどの機器が電力を消費しているか推測できますから、節電に役立てることができますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

合わせて読みたい

オススメの最新記事

この記事と同じカテゴリの相談



ログイン

新規登録はコチラ

カテゴリ

企業の種類

ポイントサービス

サービスの特徴

気分から探す

カテゴリ

株式会社グリーンホーム

サイトニュース

2016.4.28
「電気節約ナビ」をリリースしました。